製・販・装会議を行いました

新型コロナウイルス感染症により多くの方々が影響が受けていると思いますが、まだまだその勢いは衰えておらず、少しでも早い収束を願って感染対策を続ける日々でございます。

石川県塗装工業会でも新型コロナウイルスの影響により、5月に予定していた総会が中止になるなどの影響があり、長らく活動の自粛状態が続いておりましたが、8月5日の午後から、参加人数の縮小やソーシャルディスタンスの確保に取り組んで「製・販・装会議」を開催することが出来ました。

製販装会議

製・販・装会議は塗料製造メーカー、販売代理店、塗装工事業者が集まり、最近の情勢や要望などの情報交換の場として行っているもので、今回は25名の方に出席いただきました。

今回の会議では、塗料メーカーからは抗菌・除菌に効力を発揮する塗料などの施工事例や製品説明を、塗装業者からは新型コロナウイルスによる塗装業への影響と対策などの取り組みについてそれぞれ報告いただき、今後の取り組みやPR方法などについて意見交換を行いました。

抗菌塗料の活用などで少しでもこのご時世に貢献するのも大切だと思う一方で、まずは何よりも塗装業界ひいては建設業界で新型コロナウイルスの感染者が出ないように、職人さんが少しでも安心出来るような作業環境を整えることを第一に考えなければならないと再認識し、改めて気を引き締める機会となった会議だったのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です